Nodachisoft Nodachi Sword Icon
  
@あまじ✎ 2017年9月3日に更新

Eclipse Kepler Standard 版のインストール手順

前書き

Webアプリ開発をゲーム開発とからめて解説する連載記事です。日々学習したことの備忘をまとめたものでもあります。

この連載記事では、Webアプリ用のテスト開発環境を新規に整えるまでのまとめを書いていきます。なお、ここで記載する使用ソフトはすべて無料で入手できるものです。

連載記事で作り上げる開発環境

この連載記事の中で、今後インストールする、Eclipse、CakePHP、OracleDB のバージョンと種類は以下の通りです。

  • テスト開発環境OS は Windows7 64bit
  • 使用する IDE は Eclipse 4.3 (Kepler) + Java7
  • Webアプリ開発言語は PHP (サーバフレームワークには CakePHP を使用。)
  • Web アプリのデータはデータベースの Oracle 11 XE を使用。

今回やること

まずは環境環境を使ってるパソコンに作っていく手順をお話します。 以下の手順どおりに行けば、セッティングできます。

まずは、簡単な Web アプりを作るときに良く利用される、プログラミング言語のPHP(ピーエイチピー)を使って、Webアプリ開発をするための開発環境を整えていこうと思います。

開発環境にもいろいろありますが、この連載記事では非常に多くの実績がある Eclipse を利用します。

公式ページ (https://www.eclipse.org/downloads/)から最新版をダウンロードできます。

Eclipse を利用する時、いくつかのバージョンがダウンロードできます。

今回は、最初からさまざまな機能やプラグインが沢山が入っているバージョンではなく、最小のEclipseセットである 「Standard」バージョンをダウンロードし、必要な追加プラグインは手動で導入していくことにチャレンジしてみます!(こうすることで、後から必要なプラグインを自分で導入したりすることも自由にできるのでおススメです)

Eclipseのダウンロード

以下、Eclipseの公式ページです。早速ダウンロードしていきましょう!

Eclipse_HP

Eclipseダウンロードページ

リンクからzip圧縮ファイル一式をダウンロードし、ダウンロードした圧縮ファイルを適当な箇所に展開。

Eclipse は Java で作られており、Eclipse を実行するには Java のランタイム(Javaプログラムを動かすライブラリ)が必要です。具体的には、Eclipseを動かすためには Java SDK をインストールしないと動作しません。

Java SDK 7 のダウンロード

では Eclipse を動かすために、 Java SDK を Oracle のページからダウンロードします。

Oracle 公式Java SDK のダウンロードURL: https://www.oracle.com/technetwork/jp/java/javase/downloads/index.html

Oracle_JavaSE_DL1

USサイト(アメリカのサーバ)からダウロードしてくれとのことなので、リンクからUSサイトへ移動します。

記事記載の時点で最新版である Java SE Development Kit 7 ダウンロード画面が開かれます。

Oracle_JavaSE_DL2

下に移動。 Windows 64Bit 専用のインストーラがあるので、ダウロードして実行します。

Oracle_JavaSE_DL3

ダウンロードしたファイルを実行して、インストーラを起動します。

Oracle_JavaSE_install1

お好きな場所にインストールしましょう。ただし、思わぬバグを防ぐために日本語(全角)を含むパスは避けておいたほうが良いです。

(もし別の Version の Java を使用したい場合には環境変数の JAVA_HOME を変更しましょう。)

Oracle_JavaSE_install2

Eclipse Kepler の起動

Java SDK のインストール後、Eclipse 起動してみましょう。日食をイメージしたアイコンの eclipse.exe を実行します。

Eclipse_Run1

すると特にエラーなく無事に起動されました。

Eclipse_Run4

とりあえず本日はここまでです!おつかれさまでした~

Webアプリの開発環境をイチから作成シリーズ記事

連載内容
その1(Eclipse&Java SDK7 導入) ←いまココ
その2(Eclipse の Plugin 導入)
その3(Oracle DB 11g XE R2 インストール)
その4(Oracle DB 11g XE R2 疎通確認)
その5(XAMPP インストール)
その6(Apache + PHP + Eclipse連携)
その7(Apache + PHP + Oracle連携)
その8(CakePHP + Oracle連携)
その9(CakePHP + Oracle連携)

ページの更新履歴

更新日 更新内容
2013.9.3 ページ公開
2018.3.27 スマホからレイアウトが崩れて読みにくいので修正。ついでに文章構造と内容も訂正。文章も人に読んでいただくレベルではなかったのでちょこちょこ修正。
 
 
送信しました!

コメント、ありがとうございます。

なんかエラーでした

ごめんなさい。エラーでうまく送信できませんでした。ご迷惑をおかけします。しばらくおいてから再度送信を試していただくか、以下から DM などでご連絡頂ければと思います。

Twitter:@NodachiSoft_jp
お名前:
 
連絡先:
 
メッセージ:
 
戻る
内容の確認!

以下の内容でコメントを送信します。よろしければ、「送信」を押してください。修正する場合は「戻る」を押してください

お名前:
 
連絡先:
 
メッセージ:
 
Roboto からの操作ではないという確認のため確認キーを入れてください。
確認キー=95
戻る
 / 
送信確認へ
コメント欄
コメント送信確認へ

関連ありそうな記事(5件)です!

Apache、PHP、Oracle DBを連携させる手順

#開発環境#PHP#OracleDB#Apache✎ 2018-10-04
Apache、PHP、Oracle DB がそれぞれ連携して動くように設定する手順をまとめてます。テスト用に hosts の書き換えも実施。
広告領域
追従 広告領域
目次
Eclipse Kepler Standard 版のインストール手順
Eclipse Kepler Standard 版のインストール手順
前書き
前書き
連載記事で作り上げる開発環境
連載記事で作り上げる開発環境
今回やること
今回やること
Eclipseのダウンロード
Eclipseのダウンロード
Java SDK 7 のダウンロード
Java SDK 7 のダウンロード
Eclipse Kepler の起動
Eclipse Kepler の起動
Webアプリの開発環境をイチから作成シリーズ記事
Webアプリの開発環境をイチから作成シリーズ記事
ページの更新履歴
ページの更新履歴
Nodachisoft © 2020